歯科口腔外科

親知らず(親不知)の抜歯もお任せください

抜歯の必要性について

親知らずは赤ん坊の歯の生え始めと違い、多くの場合親元を離れてから生え始めるため「親が歯の生え始めを知ることはない。」ことから"親知らず"という名が付きました。
親知らずは健康に生えていて、正常な噛み合わせの場合であれば無理に抜く必要はありません。
ただ、親知らずは正しい位置に生えることが少なく、横向きであったり長い間埋伏状態(生えきれずに歯茎に隠れたままの状態)であったりすることで周囲が腫れてしまったり、歯磨きのしづらさから隣の歯を巻き込んだむし歯になることも多く、トラブルの原因になってしまいます。
年を重ねるごとに骨は硬くなりますので、上記のような親知らずは柔らかいうちに抜歯しておく必要があります。

PAGE TOP